西郷どん 47話(最終回)「敬天愛人」感想。。。

さてさてなんだかんだと1年見続けてきた「西郷どん」ですが、とうとう最終回がきてしまいました!

1年たつのは早いですねえ・・・全く1年も見続けた気がしません。
特に西郷どんは割とライトな感覚で見てきたせいかw、47話も見たという実感がないんですね。

ジョン万次郎とか出てきたのついこないだだよね???って感じです(笑

・・・なんて軽口をたたいてますが、今割と放心状態です

放送が終わったらすぐ感想書いて・・・なんて思ってたらとんでもない。
もう皆さんのツイッターの感想を見だしたら止まらなくなって今に至りますw
とっくに日付が変わってしまいましたよ・・・あちゃー。

もう何から書いていいか・・・

最初に不愉快だなあと思ったことを書いておこうかな。
作品自体の事じゃないです。ツイッターでの他の方の発言のことね。

最終回までぐだぐだぐだぐだ文句つける人多すぎ!
特に西郷さんが切腹で最後を迎えなかったことに納得いかない人多すぎ。

私もあれっと思ったけど、今更史実がどうのって言っても、今までずっと全然史実どおりなんてやってないドラマなんだから、「へえ~こういう演出にしたんだ~」でいいじゃん!

あそこまで全部見れば、大久保と西郷の物語で、2人とも空を見上げて逝ったんだなあとか、いろいろ他に感じるところがありますよね?

史実では2人とも空を見上げるどころかひどい死に方をしてるんだから、このドラマの2人には安らかに逝ってほしかったんでしょう。
一蔵さあが涙を流しながら死んでいけて本当に良かったと思いましたよ。

西郷さんが野垂れ死にとか可哀想とか、そうじゃないよ。そこじゃないよ、見るところは。

最終回位気持ちよく見れないもんかね。。。

ほとんどの方は1年お疲れ様でしたみたいな労をねぎらう感謝ツイートなんですが、必ず一定数いるそういう人たちが胸いっぱいのところに水をさしてくるよな~と。凄く残念です。

自分が気に入ろうが気に入るまいが、まずはスタッフや俳優の皆さんに敬意と感謝の気持ちを伝えるべきではないでしょうか。

どんな作品であれ、1年もの間番組を続けるってメチャクチャ大変なことだと思うわけですよ。

そういった自分が出来ないような凄いことを成し遂げてる人たちのおかげで私たちは1年間楽しめるわけですよ。勉強にもなりますしね。

人の作った作品に敬意を払えない人・気に入らない人は、自分でそれ以上のものを作ってくださいね。この話は以上です。

さてでは自分の感想を。笑

まずは久しぶりのヒー様の登場が嬉しかった!

あれ、ふきどんしれっと関係復活してんのかい!説明ナシかい!この作品らしい(笑
でも牛の絵描いてる・・・ちょっと笑いつつも泣きそうになったわい

そして最終回までまさかの出番!国父様~

囲碁をやってらしたので、ああこりゃまた井戸の底の民が這い上がってくるわと思ってたら案の定(笑
しかし海江田くん、辛かったろうな・・・

西郷家もそうだったけど、あんな静かな部屋で、仲間や友が死んでいく音を聞いてるってどんな気持ちなのか・・・考えたくもないな・・・

勝先生も再登場。
しかし、ずっと「せごどん」って呼んでくれてたのってこの勝先生と雪篷さあだけたったな・・・w

新八くんの突然のモナムール登場は面白かったけど、あの自害の意味がちょっとわからなかったなあ・・・。
あれ、あそこで自害しなくてももう死にかけてた・・・よね??w

そして、あああ~~もう今回のこの瑛太さんの演技!演技ぃぃ!!
素晴らしかったっす・・・素晴らしかったっす!!!!

・・・撮影の後声枯れなかったかなあと心配するほどの絶叫が・・・

最終回にハッキリした2人の関係。物語。

私は今年のお正月、今年の大河の予告を見た時から推しは大久保だと決めていたw
大久保ちゃんのために見るわ!と決めていたww

それは正しかった。

鈴木亮平さんは本当に素晴らしかったけど、瑛太さんだって負けちゃあいなかったよ。

私はもともと太陽より月タイプが好きなのさ。どの物語でもね。
だから今回の終わり方は、本当に満足です。素敵な最終回でした。

1年間、ありがとうございました。楽しませていただきました。