マイヤー「パーフェクトグリルパン」 使いやすいですよ♪

DSC_0288

少し前の話なのですが、マイヤーのパーフェクトグリルパンという商品を購入しました。

まだ発売されたばかりの頃で、今は別売りになっているガラスフタも一緒についてきてお得に購入できました
しかも私は仕事がらみで購入してるので、さらにお安くして頂きましたw

キッチン用品の売り場にいると、当然ですがいろんなお客様からありとあらゆることについて聞かれます。

なのでこうしてよく売れる商品や(グリルパンをお探しの方は本当に多いです)、自分が興味がある商品などはなるべく購入して実際に使ってみるようにしています。

特にこういったフライパン関係は、やはり使い勝手やコーティングのもち、他の商品との比較など、使ってみなければわからないことやキチンと説明できないことが多いんですよね。

さてこのマイヤーの新しいグリルパンですが、結論から言うとなかなか重宝しています

直径は24センチ。(サイズはこの1種類しかありません)
なにかと使いやすいちょうどいい大きさかなと思います。

取っ手は取り外しはできません。赤のシリコン部分がおしゃれです☆

一見上の写真だと、ガラスブタが2個ついてるように見えますが、中の小さい方はグリルプレスといって、お肉が反り返ったりしないように調理中にギュ~っと押さえておく道具です。

DSC_0286

↑こんなかんじですね。すっごい重たいガラスです。

本当に分厚くて重さがあるので、「乗せるだけ」で大丈夫!
ずっと手で押さえつけたりする必要はありません。
これで反り返りを防ぎ、食材に均等に早く熱を通してくれるスグレモノです。

実はこのガラスプレスがなかなか貴重なアイテムなんです!

こういういわゆる「重し」というのは今までも売っていたんですが、鉄製やステンレス、石のものばかりでした。
なにげにこういったデザインもかわいくてガラス製なんてなかったんですよね。

それだけでも買って得した感があるし、使ってみると使いやすいし洗うのも楽だし、ホントこれ地味にすごいw

ってそこばかり説明しても仕方ないんで本体の話もw

本体は、まず「重い」です!

それは当然で、ものすごく分厚い底がくっついてます。
この分厚い底が、ガッチリと熱をためてお肉やお魚をおいし~く焼いてくれるんです。
これがなければグリルパンとしては失格ですw

中のフッ素樹脂コーティングとその分厚いステンレス本体が合わさって、非常に美味しく簡単に食材を調理してくれるというわけです。

ウチは鶏肉が好きでよくステーキもやるんですが、皮が本当にパリッ!と焼けます。メッチャウマイですw

グリルパンはえてして後片付けが大変なことが多いんですが、この商品はフッ素樹脂コーティングがされているので、鉄製のものより洗い物も簡単だし特別な手入れも必要ないのでズボラ主婦としてはそういう点もホント気に入ってますw

やっぱりいくらいいものでも、気軽に使えないものはちょっとね。

そうそう、普通のフライパンでもそうですが、軽い製品はあまりいい性能のものはないです。

無駄に重たいわけではなく、ちゃんとお料理を美味しくするための重さだということを、もっともっと多くの人に知ってもらいたいなあ・・・と美味しいステーキを食べるといつも思います。

※2018年8月追記

今現在は、この私が購入したモデルは発売されていません。
↓ 今はこんな感じで、カラーとシリーズが変わっています。

サイズや性能自体は変わりませんが、ガラスフタがなくなってしまったのと、グリルプレスが別売りになりました。

まあグリルプレスはガラス製なので、別売りの方が割れたり欠けたりした時にサっと買い替えられるので便利ですし、他のメーカーのグリルパンにも使えていいですよねw
あと本体のみの販売になった分、お値段が購入しやすくなってる(発売当初は¥8000以上してました)のでこれはこれでいいと思います